タイムズ24ロゴ

「当たり前の快適さ」へ

パーク24はこれからも、この先に当たり前となっていく“快適さ”を追求し、安全で、ベンリで、
快適な駐車場の提供を通じて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に貢献していきます。

タイムズ24ロゴ

「当たり前の快適さ」へ

パーク24はこれからも、この先に当たり前となっていく“快適さ”を追求し、安全で、ベンリで、
快適な駐車場の提供を通じて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に貢献していきます。

- effort -パーク24の取り組み

56年ぶりに、東京にオリンピックがやってきます。
56年の間に、経済の成長、技術の進歩により、東京の街並みは大きく変貌しました。
街中を走るクルマの数も、大きく変化したもののひとつです。
そんなクルマを利用する上で欠かせないもの、それが「駐車場」です。
人々がいつでもどこでも安心して駐車場を利用することができるよう、
わたしたちは駐車場をつくるとともに、サービスの向上に取り組んできました。

街とくるま

街とくるま

- challenge -パーク24の挑戦

今では当たり前に感じる「24時間いつでも使える」「分刻みの料金設定」
「現金以外での駐車料金の精算」といった駐車場でのサービスを、
“当たり前の快適さ”にするために挑戦を続けてきました。
パーク24はこれからも、この先に当たり前となっていく“快適さ”を追求し、安全で、ベンリで、
快適な駐車場の提供を通じて、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に貢献していきます。

  • 安全
  • ベンリ
  • 快適

- support -スポーツ支援

パーク24は、2010年に柔道部を創部し、活動を開始しました。
ロンドン2012オリンピック競技大会では、柔道男子66kg級で海老沼匡が銅メダルを獲得、
リオデジャネイロ2016オリンピック競技大会では、柔道男子66kg級で海老沼匡、
60kg級で髙藤直寿が銅メダルを獲得するなど、実業団柔道部としての歴史は浅いながらも
国内外の大会において多くの優れた成績を残しています。