ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

モビリティ事業戦略

レンタカーサービス「タイムズカーレンタル」

基本戦略

レンタカーの用途は、個人のレジャーや企業のビジネスなど多種多様化しています。刻々と変化する時代の中で、パーク24グループの一員として「快適なクルマ社会」の実現に向け、新しい技術を取り入れながら、世界に二つとないユニークでより良いモビリティサービスを確立していきます。

戦略1.店舗網の拡大

通常の出店の他に、「タイムズ」の立地条件を活かし、STやTPS提携施設への店舗の開設を行い、ネットワークを拡大しています。利便性の高い場所への移転も行っています。

戦略2.車種の充実

レジャーからビジネスまで多岐にわたるお客様の利用シーンに対応できるよう、乗用車や商用車、マイクロバスなどの実用的な車種から、アクティブな楽しみ方のできる車種まで幅広く導入しています。訪日外国人の皆さまにも安心してご利用いただけるよう、多言語ナビを装備した車種も取り揃えています。

戦略3.サービスの拡充

レンタカーをスムーズにご利用いただけるよう、最短で30分前まで予約が可能なオフィシャルサイトや、貸出手続きが最短20秒で完了する簡易貸出サービスを提供しています。
さらに、店舗運営方針の「元気なあいさつ 安全なクルマ きれいな店舗」を基礎とし、サービス品質向上に徹底的に取り組んでいます。

カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」

ビジネスモデルの特徴

  • カーシェアリングステーションは時間貸駐車場「タイムズ」に開設
  • 既存のタイムズにステーションを開設するため駐車場コストが実質不要
  • ランニングコスト(車両減価償却費、保険代など)がほぼ固定のため、車両の稼働を高めることが高収益化につながる

基本戦略

日本ではまだ新しいカーシェアリングサービスは、早期に市場を創出することが必要です。そのため、当社グループでは、「認知度の向上」、「規模の拡大」、「会員の獲得・利用の促進」の3つの戦略を掲げています。

戦略1.認知度の向上

24時間無人時間貸「タイムズ」のブランド力を活かしたサービス名称「タイムズカープラス」は、「24時間いつでもタイムズに行けばカーシェアリングサービスが利用できる」という価値をいち早く浸透させています。

戦略2.規模の拡大

全国の「タイムズ」を活かし、早期に好立地への開設を図ると同時に、ひとつのエリアに複数のステーションを開設することで、会員の利便性を高めています。

戦略3.会員の獲得・利用の促進

月額基本料金と利用料金をわかりやすく利用しやすい料金体系に設定し、カーシェアリングステーションの場所の認知度を高める販促活動を行うことで会員数と利用の増加を図ります。

ページの先頭に戻る

投資家情報
最新月次速報
最新IR資料