ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

経営戦略

取締役による会社経営の基本方針についてご紹介しています。基本方針の他に、経営指標や中長期の経営戦略、配当政策、対処すべき課題について項目別にご説明いたします。

経営の基本方針

パーク24グループは、「人とクルマと街と、」を企業スローガンに掲げ、安心、安全で、快適なクルマ社会の実現に向け、その一翼を担うことを基本方針としています。この方針のもと、私たちは、駐車場とモビリティのネットワークを拡大させると同時に、経営資源を最大限に活用することで、クルマ社会に新たな価値を創造し続けてまいります。
これによりグループ全体の継続的成長を図るとともに、企業の社会的責任を果たすことで、全てのステークホルダーの信頼と期待に応えてまいります。

目標とする経営指標

当社グループは、高い成長性と収益性の確保を経営課題と認識しています。最も重視する経営指標に経常利益成長率を掲げており、2桁成長の継続を目指しています。

中長期的な経営戦略

パーク24グループは、継続した成長を実現するため、サービスの基盤となるタイムズ駐車場の更なる拡大と、モビリティネットワークの確立を目指します。
具体的には、2017年度までに駐車場事業においては、小規模で利便性の高いST(スタンダード・タイムズ)と、市場の成長余地の大きいTPS(タイムズ・パートナー・サービス)を数多く組み合わせ、点在させることで、エリアドミナントの強化を図り、18,000件600,000台のタイムズ駐車場の運営をめざします。
モビリティ事業においては、カーシェアリングサービス「タイムズ カー プラス」のタイムズ駐車場への車両設置を継続的に拡大させ、「タイムズに行けばクルマに乗れる」環境整備を進めてまいります。
また、両事業をつなぐものとして、ポイントプログラム「タイムズクラブ」の会員組織の拡充を図ってまいります。会員の皆様により当社グループのサービスをより多く利用して頂くメニューの拡大と環境づくりを進め、タイムズポイントが「たまる」「使える」環境整備を進めてまいります。

配当政策

当社は、利益成長による企業価値向上を第一義と考え、将来への必要な投資資金としての内部留保の状況を勘案したうえで、余剰資金について配当を中心に、株主の皆様へ利益還元することを基本方針としております。
当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本方針としております。期末配当の決定機関は株主総会です。

会社の対処すべき課題

快適なクルマ社会の実現と、当社グループの継続的な成長を図るため、取り組むべき課題は以下のとおりです。

交通インフラサービス網の構築

利便性が高く、環境に配慮した交通インフラサービス網を構築し、路上駐車のない、いつでもどこでも安心してクルマが利用できる社会を目指します。

「タイムズ」ブランドの進化

時間貸駐車場の代名詞として多くの皆さまに親しまれている「タイムズ駐車場」に加え、モビリティ事業におけるレンタカーサービス「タイムズカーレンタル」、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の拡大、およびドライバーの皆さまの多様なニーズに応えるロードサービス網など付帯サービスの充実により、駐車場ブランドから交通インフラサービスブランドへ進化を図ります。

タイムズ駐車場のネットワーク拡大

需給動向を踏まえながらドライバーの皆さまにとって利便性の高いST(一般タイムズ)と、市場の成長余地の大きいTPS(タイムズ・パートナー・サービス)を数多く点在させ、当社グループの事業基盤となる「タイムズ駐車場」のサービス規模拡大を図ります。

カーシェアリング市場の拡大

わが国における新たな移動手段である「カーシェアリング」の市場拡大のため、カーシェアリング車両をタイムズ駐車場へ積極的に配備し、会員の皆さまに「全国でマイカーのようにクルマを使える」環境整備を図ります。

提供サービスの高付加価値化の推進

情報通信システムに対応したクルマの使用や、電子マネー他各種カードによる精算手段の多様化を図るなど、ITの活用によりお客さまにとって利便性の高いサービスの導入を進めて参ります。

経営資源の最適配分と融合による効率化

ヒト、モノ、カネ、情報等、経営資源の最適配分と融合により、効率性および生産性を向上させ、グループ全体での財務体質の強化を図ります。

株主の皆さまにおかれましては、今後ともより一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭に戻る

投資家情報
最新月次速報
最新IR資料