社長メッセージ

平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

まずは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々及び感染症拡大により困難な生活環境におられる皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、過酷な状況下において活動されている医療従事者をはじめ、感染防止に奮励されている方々、社会や生活の安定に必要な事業に携わられている方々のご尽力に心より感謝申し上げます。

当社グループにおいても、全ての事業でCOVID−19の影響を非常に大きく受けており、厳しい経営環境となっておりますが、「お客様の安全を守る」「社員の安全を守る」そして「交通インフラ企業としての使命を果たす」の方針に基づいて事業継続のための取り組みを実施しております。

お取引先様をはじめとするステークホルダーの皆様には多大なご協力ならびにご迷惑・ご心配をおかけしておりますが、グループ全社員でこの状況を乗り切り、一日でも早く元の成長する企業へと戻していきたいと考えております。

足元では厳しい経営環境が続いておりますが、私たちが目指す方向、創り上げたい世界観はこれまでと全く変わりません。グループ理念に掲げる「時代に応える、時代を先取る快適さを実現する。」を成し遂げるために、人(会員)・クルマ(モビリティ)・街(目的地)・駐車場の4つのネットワークの拡大と、それらをシームレスにつなぐ新たなサービスの創出を継続して推進してまいります。

大局的には、当社グループを取り巻く事業環境は、「所有から利用へ」「自動車のIoT化」「自動車燃料の変化」「自動運転」等、モビリティに関する新しい概念が誕生し、同時に技術革新が世界的に急速に進展することで大きく変化しております。
こうした大変革の時代のなかでも、1971年の創業以降培ってきた当社グループの技術やノウハウを結集し、人々や時代が求める快適さを実現し、持続的成長を目指してまいります。

これからも、パーク24グループは、社会とともに成長し、ステークホルダーの皆様の期待に応えるべく、事業に取り組んでまいります。変わらぬご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

2020年12月15日
パーク24株式会社
代表取締役社長 西川光一