社長メッセージ

平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

当社グループにおいては、依然として全ての事業でCOVID−19の影響を受けており、厳しい経営環境にありますが、国内においては2021年9月30日をもって緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置が全面的に解除、海外においては展開各国でロックダウンの解除や行動制限の緩和がなされるなど、業績回復の兆しが見えてきております。今後も引続き、「お客様の安全を守る」「社員の安全を守る」そして「交通インフラ企業としての使命を果たす」の方針に基づいて事業継続および業績拡大のための取組みを実施してまいります。

このような状況にあっても、私たちが目指す方向、創り上げたい世界観はこれまでと全く変わりません。グループ理念に掲げる「時代に応える、時代を先取る快適さを実現する。」を成し遂げるために、人(会員)・クルマ(モビリティ)・街(目的地)・駐車場の4つのネットワークの拡大と、それらをシームレスにつなぐ新たなサービスの創出を継続して推進してまいります。

当社グループを取り巻く事業環境は、「所有から利用へ」「自動車のIoT化」「自動車燃料の変化」「自動運転」等、モビリティに関する新しい概念が誕生し、同時に技術革新が世界的に急速に進展することで大きく変化しております。
こうした大変革の時代の中において、当社グループは2021年8月26日に創立50周年を迎えました。50年にわたり事業を続けてこられたのは、ひとえにこれまで当社を支えてくださるお客様や駐車場の土地・施設オーナー様、お取引先様をはじめとする多くのステークホルダーの皆様のおかげです。深く感謝申し上げます。

また、事業活動をつうじて環境や社会課題の解決をするサステナブルな取組みをより強化するため、2021年3月にグループ横断的な推進組織としてサステナビリティ委員会を設置しました。現在、環境や社会課題への取組みは私たち企業の責務となっています。社会の要請に応えた持続可能な企業であってこそ、当社グループがさらに50年、100年と事業を続けていくことができると考えております。

これからも、パーク24グループは、社会とともに成長し、ステークホルダーの皆様の期待に応えるべく、事業に取組んでまいります。変わらぬご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

2021年12月15日
パーク24株式会社
代表取締役社長 西川光一