基本方針・戦略

取締役による会社経営の基本方針についてご紹介しています。基本方針の他に、中長期の経営戦略、対処すべき課題について項目別にご説明いたします。

経営の基本方針

パーク24グループ(以下、当社グループという)は、グループ理念に「時代に応える、時代を先取る快適さを実現する。」を掲げ、当社グループはクルマをとめる場所を提供する駐車場サービスと、クルマをより便利な移動体として提供するレンタカー・カーシェアリングサービスを核とした事業を展開しています。多くの人々にとって移動に関するサービスがもっと便利で快適になる環境を整備するため、駐車場サービスを含めたあらゆるモビリティサービスの拡大および拡充を推進していくと同時に、全てのステークホルダーと信頼関係を構築することで、持続的な企業価値の向上を目指してまいります。
さらに、当社グループのモビリティサービスの拡大および拡充は、それ自体が駐車場不足の解消や交通渋滞の緩和、温室効果ガスの削減といった環境および社会課題の解決の一助となり、ひいては持続可能な社会につながると考えています。以上のことから、当社グループは、最も重視する経営指標として経常利益の二桁成長を掲げています。

中長期的な経営戦略

当社グループを取り巻く事業環境は、「自動運転」、「自動車燃料の変化」、「所有から利用へ」など新しい技術や概念が次々に生まれ、大きく変化しています。当社グループは、これからのモビリティ社会において、当社グループが有する人(会員)・クルマ・街(目的地)・駐車場の4つのネットワークをさらに拡大および拡充し、日本国内をはじめ世界において時代に応える、時代を先取る快適さを実現するモビリティ社会を創造していきます。

当社グループの基幹事業である国内の駐車場事業は、駐車場ネットワークの拡大を推進するとともに、今後さらに多様化するニーズに応えることができる駐車場サービスの開発をおこなっていきます。
駐車場ネットワークを活用して展開する、第二の事業の柱として成長しているモビリティ事業は、レンタカーとカーシェアリングそれぞれの規模の拡大に加えて、この2つを融合することで生まれる新しいモビリティサービス「タイムズカー」の構築に注力していきます。
駐車場とモビリティの両サービスの会員様向けには、会員数の増加と会員様がより便利にご利用頂けるソフト面の充実を図ります。また、目的地となる街に点在する多数の商店などをネットワーク化し、当社グループのサービス・会員様・目的地をつなげることで新たなサービスを構築し、新しい快適さの提供に努めてまいります。併せて、当社グループの有するリソースから得られるデータを、利便性や安全性の高い新たなサービスの開発に役立てていきます。

海外の駐車場事業は、当社グループの長期視点での持続的成長を見据えて2017年に「Secure Parking」と「National Car Parks」をグループ化することで大きく拡大しました。中期的には両社ともにガバナンス整備と強化に注力し、将来の事業成長ドライブをかけることができる基盤構築をおこないます。同時に、両社が持つ駐車場ネットワークと当社グループが日本において培ったノウハウやマネジメント力を融合することで既存展開エリアでの事業拡大を図ります。

当社グループは、世界各地で駐車場サービスを含めたモビリティサービスを提供するリーディングカンパニーとなるべく、企業価値の向上に努めてまいります。

会社の対処すべき課題

時代に応える、時代を先取る快適さを実現するため、当社グループが取り組むべき課題は以下のとおりです。

① 新たなモビリティ社会におけるサービス網の構築

利便性が高く、環境に配慮した駐車場やモビリティサービス網の構築にとどまらず、シェアリングエコノミーや自動運転車両の進化など新たなモビリティ社会にも対応できるサービス網を構築してまいります。

② 「タイムズ」ブランドの進化

「タイムズパーキング」、「タイムズカーレンタル」、「タイムズカーシェア」のハード面でのサービス強化に加え、これらのサービスを便利にお使いいただくための会員制プログラム「タイムズクラブ」や目的地となる店舗をネットワーク化する「タイムズペイ」などソフト面でのサービスも拡充させていきます。タイムズは、駐車場を含めたすべてのサービス拠点を快適なモビリティライフを送るために必要不可欠な場所に代え、人々にとって魅力的な、モビリティ・リンクを形成していきます。

③ 駐車場ネットワークの拡大

「タイムズパーキング」をはじめとする駐車場の規模拡大に加え、遊休地を活用した「スタンダード」、施設付設駐車場を活用した「パートナーサービス」、予約ができる「B(ビィ)」といった駐車場の種類の拡充を図り、お客様サービスの向上に努めてまいります。

④ モビリティネットワークの拡大

当社グループが提供するレンタカー、カーシェアリングサービスといったモビリティネットワークを拡大することで移動における不便を解消し、安全・安心・便利にクルマをご利用頂ける環境の整備に取り組んでまいります。

⑤ 海外における駐車場サービスの深化と拡大

「Secure Parking」(オーストラリア、ニュージーランド、英国、マレーシア、シンガポール)、「National Car Parks」(英国)の持つ駐車場ネットワークと日本において培ったノウハウやマネジメント力を融合し、日本国内と同様に安全・安心・便利にご利用頂ける駐車場サービスを展開するとともに、既存展開エリアでの事業基盤の強化と拡大に取り組んでまいります。

⑥ 提供サービスの高付加価値化の推進

サービスの各種決済手段の多様化への対応、お客様が使いやすいウェブサイトやアプリケーションの開発など利便性の高いサービスの提供に努めてまいります。また、情報通信システムに対応したクルマの導入やそこから得られるデータを活用した新規性・安全性の高いサービス開発に取り組んでまいります。

⑦ 経営資源の最適配分と融合による効率化

ヒト、モノ、カネ、情報等、経営資源の最適配分と融合により、効率性および生産性を向上させ、グループ全体での経営基盤の強化を図ります。