健康経営の推進

私たちの健康寿命が延び、人生100年時代が目前に迫っています。
事業者は、生涯現役を前提とした経済社会システムの再構築が事業に求められています。

パーク24グループにおいても、これまで時代の変化に即応し、幅広い年代の社員が心身ともに健康なまま退職を迎えられるよう、労働環境整備を進めて参りました。
今後、さらに社員とその家族の健康保持増進がグループの経営戦略上で重要課題となることを鑑み、グループ全体の持続的な成長に健康経営の視点を取り入れることが不可欠であると考えるに至りました。

健康経営宣言

パーク24グループは、「時代に応える、時代を先取る快適さを実現する」というグループ理念の基、グループ全体が持続的な成長を続けるために、社員一人ひとりの経験値やノウハウを高め、その能力を存分に発揮できる環境構築の一環として、社員とその家族に対し、健康を保持増進できる環境を提供します。
健康の保持増進により、社員一人ひとりが満ち足りて、継続的に生産性高く、いきいきと仕事に打ち込めることを目指すとともに、社員の健康および安全に関する法令を遵守し、心身の健康と安全を経営戦略上の重要課題として、働きやすい職場環境づくりを推進します。

2020年3月

体制

健康経営責任者のもと、グループ各社横断プロジェクトチームとして「健康経営推進チーム」を組織し、各事業場に健康経営推進者を置くことで、健康経営施策の実施効果を高められる体制づくりを行っております。
各健康保険組合の施策についても連携を取り、コラボヘルスの実施をしております。

目標数値

健康意識向上と健康リスク者低減のため、特に課題と認識する以下の項目に目標数値を定め施策を実施しております。目標数値は、グループ統括産業医監修のもと全国平均を上回る値にて設定、進捗状況により更新し、健康経営戦略マップへ反映しております。

  1. 1)健康に対する意識向上
    • (1) 健康教育年度内受講率100%
    • (2) 安全衛生関連イベント年度内 延べ参加者数5,000人超
  2. 2)健康リスク者の低減
    • (1) 精密検査受診率75%以上
    • (2) グループ社員喫煙率20%以下
    • (3) 女性社員の女性特有のがん(乳がん・子宮がん)検診受診率60%以上

目標達成に向けた取組状況

  1. 1)健康に対する意識向上
    1. (1)

      健康意識向上のため、各種健康教育を実施し、健康教育年度内受講率の実績は2020年度3.3%(2019年度3.9%)となっています。

      <2021年度の健康教育実施テーマ>
      2021年度はメンタルヘルス、卒煙、女性特有の健康問題、新型コロナ感染防止及び重症化予防などのテーマに注力しています。

      • メンタルヘルス
      • 卒煙
      • 女性特有の健康問題
      • 食生活改善
      • 運動習慣獲得
      • 睡眠習慣改善
      • 新型コロナウイルス感染防止及び重症化予防
      • 新任管理職向け健康経営ワークショップ 等
      【 メンタルヘルス オンライン講座 】
    2. (2)

      健康意識を改善行動につなげるため、各種安全衛生イベントを実施し、2020年度の延べ参加者数の実績は、484人(2019年度2,457人)となっています。

      <2021年度の安全衛生実施イベント>
      2021年度は新型コロナワクチン職域接種をパーク24ヘルスケアセンターにより実施し、社員とその家族に留まらず、取引先や拠点周辺町内会等にも対象を拡げ、集団免疫獲得への支援と、重症化予防の啓発を行いました。

      • さつきラン&ウォーク企業対抗戦
      • パーク24グループ オクトーバーラン&ウォーク2021
      • 食育マルシェ(食育+管理栄養士監修生産者直送野菜購入補助)
      • 新型コロナワクチン職域接種(東京)(大阪)(広島)(仙台)
      • インフルエンザ職場集団予防接種 ※1 等
      【 職域接種東京会場 】
  2. 2)健康リスク者の低減
    1. (1) 健康リスク者を把握するため、健診結果を産業医等専門職が判定し、精密検査の受診を勧奨、検査費用一部補助等施策実施の結果、精密検査受診率は2020年度30.0%となっています(定期 受診率:2020年度100% / 2019年度100%)。
    2. (2) 各種卒煙支援施策、受動喫煙対策に取組んだ結果、喫煙率は2020年度31.0%(2019年度:32.0%)となっています。 ※2
    3. (3) 女性特有のがん早期発見・早期治療に繋げるため、健康教育、女性専門職による相談窓口設置等、女性の健康支援施策に取り組んだ結果、乳がん費用補助検診受診率は、2020年度65.6%(2019年度:46.5%)、子宮がん検診受診率は、2020年度70.5%(2019年度:50.0%)といずれも向上し、目標を達成しました。
    【 女性特有の健康問題 オンライン講座 】
    1. ※1インフルエンザ予防接種については東京不動産業健康保険組合とのコラボヘルス施策となります。
    2. ※2喫煙率は、東京不動産業健康保険組合被保険者の割合です。

さらなるGood Condition 維持増進に向けた主な施策の取組状況

  1. 1)健康診断におけるグループ社員の有所見者率は改善傾向にあり、2020年度51.4%(2019年度:54.5%)となりました。また、特定保健指導実施率は2020年度2.8%(2019年度:2.6%)となりました。 ※1
  2. 2)メンタルヘルスの健康リスク者を把握するため、ストレスチェック受検勧奨を行った結果、受検率は向上し、2020年度79.1%(2019年度:75.5%)となりました。また、高ストレス者率についても改善傾向にあり、2020年度9%(2019年度:15%)となりました。
  3. 3)ワークスタイル変革プロジェクトを通じ、労働時間適正化や休暇取得促進施策に取り組んだ結果、平均月間残業時間は2020年度25時間(2019年度:30時間)、年次有給休暇取得率は2020年度49.6%(2019年度:49.5%)となりました。
  4. 4)社員の健康度と生産性の調査を行った結果、2020年度のプレゼンティーズムは5段階評価のうち3段階目の全国平均レベルに相当する結果となりました。
  5. 5)ワークエンゲイジメントに関する従業員調査を実施し「仕事のやりがい」「長期就労意欲」を測定した結果、ポジティブな回答をした社員は、「仕事のやりがい」 2020年度84.5%(2019年度:85.3%)「長期就労意欲」2020年度90.6%(2019年度:89.7%)となりました。

以上の各種健康経営施策効果の指標として、従業員の離職率は2020年度5.0%(2019年度:4.8%)となり、平均勤続年数は2020年度7.8年(2019年度:7.8年)となっています。また、私傷病による平均欠勤・休職日数は2020年度1.49日(2019年度:1.06日)となりました。

      
  1. ※1特定保健指導実施率は、東京不動産業健康保険組合被保険者の割合です。

「健康経営優良法人」への選定

パーク24グループの健康経営に向けた取り組みが評価され、グループのうちパーク24(株)を含む7社が健康経営優良法人2021に選出されました。

関連するSDGs

人々に保健と福祉を